ショールームアドバイザーから転職!辞めたい人におすすめ転職先は?


ショールームアドバイザーの仕事…

もう辞めたい…

ショールームアドバイザーとして働いてきたけれど、もう辞めたい…と悩んでいる女性も多いかもしれませんね。

転職エージェントでコンサルタントとしてこれまで働いてきましたが、ショールームアドバイザーの接客の仕事をしている方からの相談もよく受けていました。

一見すると落ち着いた環境でゆったりと働いていそうに見られがちな仕事ですが、意外と苦労も多い仕事で離職率が高い仕事の1つでもあります。

でも、ショールームアドバイザーから今さら転職なんてできるのか…と不安に思う方もいるのですが、あなた自身がしっかりとやってきたことの強みを理解すれば異業種への転職は十分可能です。

ここでは、ショールームアドバイザーを辞めていく人たちの理由や辞めたい人におすすめの転職先、転職時の注意点などをまとめてみました。

ショールームアドバイザーを辞めたい!辞めていく人たちの理由って?

土日出勤で残業もあるため将来的に働きにくい

ショールームアドバイザーを辞める理由で最も多いのが、土日出勤しなければいけないからです。

ショールームアドバイザーの仕事は、基本的にお客様がこられる土日がメインになる仕事になるので、土日の休みは月に1回あるかどうかという職場がほとんどです。

そうなると、なかなか土日休むの友人とも遊べなくなってしまったり、結婚をして家庭を持った時に辞めなければいけなかったり…と、将来的に長く働き続けにくい仕事でもあります。

家庭を持ちながら仕事を続けたとしても、家族との時間はこのままだとなかなか持つことは難しくなってしまいますよね。

そのため、結婚を機に退職をしたり、将来的なことを考えて土日休みの仕事へと転職したいという方が多いですね。

体力的にきついと感じてしまう方も

朝早くからショールーム全体を掃除をしたり、事務所を掃除したりから始まり、ご新規のお客様を相手にする場合、キッチンやバスルームやトイレ、洗面台など水回りをすべて見学しながらご案内することもよくあります。

1組の接客の2、3時間も使うこともあり立ちっぱなしで体力もそれなりに消耗する仕事でもあります。

接客だけではなく見積書を作成したり、施工業者と打ち合わせをしたりといったマルチタスクに追われる中で、電話が鳴れば電話対応もしなければなりません。

意外とやることも多く、その日の接客内容の記録を付ける頃にはくたくた…という方もいて、体力的にもきつくて辞めたくなってしまう人も多い仕事でもあります。

仕事の割に給料が安すぎる

待機型の営業と同じように接客をするにも関わらず、給料は月給18万円から19万円ほどとそれほど多くはありません。

ショールームアドバイザーの多くは上場企業が多いので、残業代や賞与、退職金などそのあたりはしっかりしているのですが、給料自体は低めの設定です。

仕事が大変な割に給料が仕事に見合っていないからと感じて辞めてしまう人もいますね。

売り上げを意識しなければならず精神的にきつい

会社によっても異なりますが、企業によってはショールームアドバイザーも営業マンと同じくらいの売り上げへの意識が必要になる場合もあるようです。

ノルマはなくても個人成績を毎月集計して張り出されたり、どれだけ会社に貢献できているかという点で数字がチェックされるということも多く、高額商品を提案するように求められることもあったりと精神的に追い詰められてしまう人もいます。

営業的な要素も求められることも大きい為、ギャップを感じてしまう人も多いようですね。

ショールームアドバイザーから転職する際に注意したいことは?

異業種へ転職するならなるべく早く

中途採用では、基本的に即戦力が求められてきます。

20代であれば長期キャリアの形成のために未経験でも採用される場合もありますが、30代ともなってくるとマネジメント経験やリーダー経験などが求められる場合も多いです。

そうしたスキルを持っていないという場合には、なるべく早く転職をして新天地でスキルを付けていきたいですね。

活かせるスキルをよく理解しておくこと

たとえ異業種であっても活かせるスキルをよく理解しておくことは転職成功への近道になります。

例えば、

  • 電話対応や接客、事務処理などマルチタスクでもこなせること
  • 時間配分を考えて接客ができること
  • 接客が得意で会社の売り上げに貢献してきたこと etc

ショールームアドバイザーとして働いてきた中で、あなた自身が自信を持てるようなことには何があったのか見つめなおしておくと転職時に役立つことも多くなりますよ。

ショールームアドバイザーからの転職でおすすめの転職先

一般事務職

土日出勤が嫌で体力的にもきつい仕事はやりたくない…という方は、早い段階で一般事務職への切り替えがおすすめです。

ただし、一般事務職の求人の多くは新卒向けに出されることが多く、中途採用で求人が出ることもありますが倍率は高くなりがちです。

ショールームアドバイザーとしてお客様への細やかな気配りを大切にしてきたことや事務処理能力をアピールして転職へつなげていきたいですね。

営業事務

一般事事務職よりも営業事務職の方が向いていることも多く、評価されやすい仕事でもあります。

営業マンと同じようにお客様と接してきて、商品を提案し見積書を作成したことなどがそのまま営業事務として活かすことができるからです。

営業マンが何を求めているのかを理解して先読みしながら仕事にあたれることをアピールしましょう。

ショールームアドバイザーからの転職を成功させるには?

ショールームアドバイザーからの転職を成功させるには、転職サイトやハローワークだけではなく転職エージェントも活用して求人の幅を広げることです。

転職サイトやハローワークの2倍以上の求人を抱えているので普段は目にすることのないレアな求人も見つかります。

今はコロナの影響で求人が減っている時期でもありますから、選択肢を増やすためにも必ず利用しておきたいですね。

登録からその後の転職サポートも内定をもらった後も費用がかかるようなことは一切ありません。

仕事を今すぐ探してほしいという方から将来的な転職を考えているといった方なら誰でも利用することができますよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる