フィギュアスケートに関わる仕事には何がある?おすすめの転職先3選

フィギュアスケートが大好きで、できることならフィギュアスケートに関わるような仕事がしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

  • 羽生結弦選手
  • 宇野昌磨選手
  • 紀平梨花選手
  • 坂本かおり選手
  • 本田まりん選手 など

本当に男子も女子も魅力的なスケーターが多く、人気のあるスポーツの1つになっていますよね。

でも、実際にフィギュアスケートに関わるような仕事にはどんなことがあるのだろう?気になるところもあるかもしれません。

ここでは、フィギュアスケートに関わる仕事に関する具体的な情報をまとめてみました。

フィギュアスケートに関わる仕事にはどんなものがあるの?

フィギュアスケートに関わる仕事として、次のような仕事が考えられます。

スケートリンクの施設運営・設備管理

スケートリンクの施設の運営や設備管理の仕事であれば、施設によっては実際に選手を目の前に仕事ができたり、施設によっては、国際的な大会やアイスショーが開かれることもあり裏方として選手をサポートすることにもつながります。

普段は、市民やフィギュアスケート教室に通う生徒に開放されていたりすることが多いですが、スケーターの練習拠点になっている場合もあります。

具体的な仕事内容としては、スケートリンクの企画や設計、施工、保守管理、定期的な製氷作業やスケート靴や関連商品の販売やレンタル業務などを行います。

年収としては企業によって異なりますが、350~400万円くらいで正社員求人が出ていることも多いです。

求人によっては普通自動車免許が必須の場合もありますが、スケートができなくてもできる仕事になるので、フィギュアスケートに関わる仕事がしたいという人は検討してみてもいいかもしれませんね。

スポーツ番組のディレクター・プロデューサー

また、テレビ局やスポーツ番組を扱っている制作会社のディレクターやプロデューサーになると、直接、選手との打ち合わせで事前に顔を合わせる機会もあります。

テレビ局への転職となるとハードルは高くなりますが、スポーツ番組を扱っている制作会社もあるのでディレクターなどから考えてみても面白いかもしれません。

スケート靴のメーカー

スケート靴に関わる仕事に就くということ考えられますね。

あまり求人自体を見かけることはありませんが、有名選手が愛用しているスケート靴メーカーで働いて、スケート靴の改良のための開発や企画に携わったり、販促に貢献していくということはできますよ。

フィギュアスケートに関わる仕事に転職するにはどうする?

フィギュアスケートに関わる仕事を見てきましたが、気になるものはありましたでしょうか。

好きなことに関わった仕事であれば、仕事をしていても苦にはならないですし、探求心が生まれるので長く続けていくこともできますよね!

自分の好きなスケート選手と関わった仕事に携わるということも夢ではないかもしれません。

労働条件や給料面だけではなくて、好きなことに関われるような仕事に就いたいという方は転職エージェントの活用もおすすめです。

フィギュアスケートのに関わる仕事といった特殊な求人は非常に数が少なく、ハローワークや転職サイトなどでオープンにさせるよりも、企業側が転職エージェントを使って人を募集する可能性もあるからです。

転職成功実績No,1のリクルートエージェントなら、全国対応で求人が豊富にあります。

登録からその後のサポートまで完全無料で受けられるサービスなので、積極的に活用して自分のやりたい仕事を紹介してもらいましょう。

非公開求人を紹介してもらう