ソラストの面接で落ちた!医療事務で不採用になったら見直したいこと

ソラストの医療事務の面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


一体何がいけなかったんだろう…

コンビニの数よりも病院の数は多いので、医療事務の求人数自体は豊富にあります。

でも、ソラストを通して医療機関の面接を受けたけれど、結果、不採用になってしまった…という人もいるかもしれませんね。

ソラストでは医療事務未経験者でも採用していることも多いので、それでも落ちてしまった…というのは面接での準備不足が原因だったのかもしれません…。

今後も面接で落ち続けない為にも、ソラストの医療事務の面接でなぜ落ちたのか原因を掘り下げて考えていきましょう。

医療事務・一般事務職の求人を紹介してもらうなら、 リクルートエージェント がおすすめです。

ソラストの医療事務の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

面接の場にふさわしい服装・見た目で臨んでいたかどうか

面接の場であるということを理解した服装や見た目で臨んでいたか今一度見直してみましょう。

  • 上下そろえたスーツを着用していたか
  • スーツにしわやパンプスやカバンに汚れはなかったか
  • 細すぎないヒールのパンプスをはいていたか
  • ナチュラルメイクを心がけていたか
  • 髪の毛はお辞儀をした時に顔にかからないように長い人はまとめていたか
  • 髪の毛は黒、あるいは、落ち着いたダークブラウンくらいで明るすぎない髪色だったか
  • 派手なアクセサリーをつけていなかったか etc

病院の顔として働く医療事務員としてふさわしい清潔感を意識した服装、見た目で面接に臨むことは大切なことです。

面接時のマナーに問題はなかったか

また、面接時のマナーも意外と見られているので確認しておきたいところです。

  • 面接時間よりも早すぎる時間に到着したり、遅刻するようなことはなかったか
  • 部屋に入室する際にノックをして、静かに扉を閉めていたかどうか
  • 面接官の顔を見て元気よく挨拶をして、お辞儀ができていたかどうか
  • 面接官が着席する前に自分が着席するようなことはなかったか
  • 面接中は姿勢を正して面接官の質問に受け答えしていたかどうか
  • 最後に、貴重な時間を割いていただいたことのお礼まで伝えていたかどうか etc

現場で働いたことをイメージして採用をするので、仕事の現場でも必要になるマナーはチェックされていますよ。

医療事務として必要なスキルを自己PRに盛りこめていたかどうか

医療事務は、患入力業務や会計業務でいかにスピーディーに効率的に対応ができるのかということは何よりも大切です。

特に、医療事務未経験の場合は、最初からクリニックということは即戦力がもとめられるので採用されることはまれで、先輩からの指導が受けられやすい、大きい病院の受付で医療事務として働く場合が多いです。

ですが、大きな病院になればなるほど、患者数も多くなるので受付は慌ただしく、スピーディーさが求められてきます。

入力業務や会計業務がそつなくこなせるかどうか、医療事務としての経験があれば具体的に電子カルテを使ってきた経験などを伝え、即戦力となることをアピールしましょう。

未経験の方でも、過去に事務経験があれば、しっかりとパソコンの処理能力は高く事務処理能力があるということをできる限り具体的に自己PRに盛り込んでいたかが重要です。

また、来院される患者さんに対して、丁寧な言葉で対応ができるのかどうか積極ができるのかということも見られています。

病院の顔として働くことになるので、敬語が使えない、コミュニケーション力がないと思われてしまうと落とされてしまうことも…。

今一度、自己PRの中で医療事務として求められることから逆算して、自己PRができていたか考えてみましょう。

過去の退職理由でネガティブなことを発言していなかったか

必ず面接で聞かれるのは過去の退職理由になります。

ここで、人間関係が悪かった…、給料が安かった…、など人間関係や条件面のことなどに触れてネガティブなことを話してしまうとその時点でアウトになってしまうことも多いので注意しましょう。

面接の場であることを理解した上で、退職理由は必ずポジティブな表現に言い換えて伝えられるようにしておきましょう。

予め、どのように退職理由を伝えるかを考えておくようにしておくことで、面接の時に慌てることはありません。

また、前職の退職理由については、次の志望動機にも繋がるような内容にしておくと、一貫性のある人だと思われやすくなりますよ。

ソラストの医療事務の面接で落ちたけど諦めいきれない人へ…

ソラストの医療事務の面接で落ちてしまったけれど、諦めきれないという人は、できるだけ早く気持ちを切り替えて次の求人を探していきましょう。

引き続き、医療事務で探していきたいという方は、ソラストで別の候補となるところがないか探してみてもいいでしょう。

また、医療事務の求人はもちろんのこと、医療事務に限らず事務職として探していきたいという人は、ソラストだけではなく、転職エージェントも活用していくことで幅を広げることができますよ。

転職実績の多いエージェントを使えば、過去の面接でどんな質問を受けたのかということまでコンサルタントが把握しているので教えてもらうこともできます。

登録からその後の面接サポートも完全無料で受けられて、費用がかかるようなことも逸しありません。

まずは、落ちてしまった医療機関よりも魅力的な条件の求人がないか紹介を受けてみてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる