鳶職からの転職!リアルな転職先事例と最高の職場を探すステップ3つ

年を取るとできない仕事とも言われる鳶職。

転職エージェントで10年以上転職サポートにかかわってきましたが、鳶職から転職を考える人も少なくはありませんでした。

特に鳶職はキツイ仕事で肉体労働になるため、年齢を重ねてくると将来的に続けていけるのかというところに行きつくようです。

ただ、鳶職として働いてきた人の多くが、一体いまから何をすればいいのか、どんな業種へ転職ができるのかと不安を覚える人も少なくはありません。

現実問題、年齢的には異業種への転職がなかなか厳しい部分もあるのは確かです。

とはいっても、鳶職から異業種への転職をした人たちも過去にはサポートしてきたので、あなた自身の中で本気で転職したいという意思さえあればできなくはありません。

ここでは、鳶職からの転職で注意しておきたいことや、鳶職から異業種に実際に転職をした転職先事例、最高の職場を探すためのステップをご紹介していきます。

途中、厳しい現実的なこともお伝えしていくことになるため、本気で鳶職を辞めてもいいと考えている人以外は読まないで下さいね。

鳶職から転職していく人たちに共通していること

鳶職の仕事を辞めていく人たちは、口をそれるかのように「将来的に長く続けられる仕事ではない」といって異業種への転職を考える人が多いですね。

肉体を使う仕事で体力も使いますし、長時間労働も当たり前な現場ばかりで働かされているという人もいます。

中には、あまりにもキツイ仕事が合っていなくて体調を壊してしまい辞めざる負えないという状況の人もいるほどです。

また、上下関係も特に厳しく人間関係でストレスを抱えている人も若い人たちを中心に少なくはありません。

年を取ってからでも長く働き続けられるようなところへ、今のうちから転職をしたいという人が多いですね。

鳶職から転職する場合の注意したいこと

ただ、鳶職から転職をするといっても現実的には厳しいところもあります。

未経験者を募集しているような企業もありますが、その多くが20代半ばまでくらいの若い人たちを採用したいと考えています。

もしあなたが20代半ば以上なのであれば、転職時にこれまでの経験から何がアピールできるのかを知っておく必要がありますよ。

また、30代以上の転職となれば、それこそ人をまとめてきたり教育をしてきたかといった経験も必要とされてくるので、もしこうした経験が今までにないといった場合には、できるだけ早く異業種への転職を決めて経験を積んでいくことをおすすめします。

いずれにしても、鳶職から全く違う業界や業種へ転職をしたいと考えているのであれば、とにかく早く行動に移していきましょう。

鳶職からの転職先は?リアルな転職事例

鳶職からの転職が厳しいといっても転職ができないわけではありません。

実際に私が過去に転職サポートをしてきた人たちの中でいうと、次のようなところへ転職を決めていかれました。

ビルの設備管理・メンテナンス

ビルの冷暖房設備の管理・保全業務の仕事に転職し働いている人もいます。

未経験であっても最初はベテランの人たちと一緒に組んでチームで仕事をするので問題はありません。

未経験者を採用している企業もあるので、鳶職としてチームで仕事をしてきたこと、フットワークが軽いことなどをアピールしましょう。

運送業

免許を取得して運送業の仕事に就いた人もいます。

  • バス運転手
  • 宅配業者
  • 大型トラック運転手 など

ただし、体力勝負な仕事にはなるので、体力には自信があるといった人向けの転職先にはなってきます。

不動産仲介業の営業職

人とコミュニケーションが好き、職人職から離れたいといった人で営業職への転職を決めた人もいました。

不動産仲介業の営業職の仕事は、未経験であっても積極的に採用している企業も多く、30代であっても比較的転職しやすい業種です。

鳶職から最高の職場を探すステップ

様々な転職先を見てきましたが、鳶職からの転職で本当にあなた自身に合っているという仕事を探すためにも次のステップを見ていきましょう。

やりたくないことから逆算してできることを探す

まずは、あなた自身が鳶職をなぜ辞めたいのかという思いに向き合って、この先、仕事では絶対にやりたくないことを挙げてみましょう。

人はやりたいことよりも、今の仕事からやりたくない事を見つけることの方が案外簡単にできてしまうんですよね。

  • 力仕事、重労働な仕事はやりたくない
  • 不規則なシフト勤務はできるだけ避けたい
  • 天候などに左右されるような現場仕事は嫌だ
  • なるべくなら人とコミュニケーションを取りたくない など

といったように、異業種への転職を考えるならまずはやっておきたいことの1つですね。

鳶職の経験から転職活動で役立つスキルを知っておく

次に、鳶職の経験を通してあなたが持っているスキルを把握しておきましょう。

  • チームで協力しながら時間配分を意識した仕事ができる
  • 力仕事には自信がある
  • フットワークが軽く人とのコミュニケーションを取るのが得意 など

転職活動において面接でのアピールにもつながりますし、実際に転職先を探していく上でもあなた自身の強みを知っておくということは必要になってきます。

転職のプロに頼って求人を紹介してもらう

転職先を探すにあたっては

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

の4つがあるのですが、鳶職から転職をする方の多くはハローワークや求人情報誌しか使わないといった方も多いですよね。

でも、実は異業種への転職をするのであれば、④の転職エージェントを使う方が圧倒的に転職活動をスムーズに進めていくことができます。

なぜなら、コンサルタントがあなたの希望と、企業側が求めている人材像と擦り合わせた上で求人を紹介してくれるからです。

しかも、

  • 履歴書の書き方の指導
  • 面接対策
  • スケジュール調整 など

のすべてしてもらえて、求職者側には一切費用はかかりません。

ハローワークと求人情報誌の約2倍以上の求人は転職エージェントが非公開求人として抱えているので、選択肢を広げて探すといった意味でも活用しておきましょう。

よくいわれたことの1つに、「人に誇れるような立派な経歴がある人だけが使えるものと思っていました」とあるのですが、仕事を探している人であればだれでも利用ができる無料のサービスです。

積極的に活用して異業種への転職をあなた自身の意思で決めていきましょう。

何度もいいますが、年齢的な観点からも異業種への転職は早ければ早い方がいいですよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる