すき家の面接で落ちた!バイトで不採用になったら見直したいポイント

すき屋の面接を受けたけれど、結果、不採用に…。

バイト面接で落とされてしまうと一体自分の何がいけなかったのか…とあれこれと考えてしまったり、悩んだりしてしまうこともあるかもしれません。

すき屋のアルバイトは、学生からフリーター、主婦の方まで幅広い人に人気のあるアルバイト先にはなりますが、それなりに採用時にはしっかりと面接で人物を見られます。

すき屋のバイトの面接で落ちてしまったのは、もしかすると、事前の準備不足が原因ということもあるかもしれません。

ここでは、今後もバイトの面接で落ち続けることがないように、すき屋で落ちた理由を振り返って考えてみましょう。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>

すき屋の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

接客業にふさわしい服装で面接を受けていたかどうか

すき屋の面接ではジーパンやスニーカーといったカジュアルな服装で受けている方でも合格している方はいますが、次のような場合は気を付けておきましょう。

  • 靴やズボンが汚れている
  • 髪の毛が明るすぎる
  • 派手なアクセサリーを付けている
  • 爪が伸びている

こうしたことは面接の場ではNGです。

カジュアルな服装だったとしてもなるべくきれいなジーンズやスニーカーを選ぶことは大切で、できれば、綿のパンツに襟付きのシャツといった普段よりもキレイ目な服装の方がいいでしょう。

面接時のマナーやルールは守られていたかどうか

面接時間に早く到着しすぎてしまったり、遅刻してしまうことも時間に守れない人とみなされて落とされてしまいやすいので気を付けたいところです。

だいたい面接時間の10分くらい前に到着するくらいがいいですね。

また、面接官と顔をあわせたときに単純に挨拶をするのではなく、あなたが椅子に座っていた状態なら必ず起立した上であいさつができていたかどうかも思い出してみましょう。

こうしたルールやマナーが自然に守れる人がどうかということも面接の場では見られています。

すき屋に対しての志望動機は具体的に述べられていたかどうか

他の応募者がいる中でも差別化をはかるために、すき屋に対しての志望動機が明確なものだったかどうかも大切です。

例えば、

普段からすき屋を利用することが多く、商品メニューについてもある程度覚えていることや馴染みのある環境であることから安心して働くことができると思ったため志望いたしました。

いつもよく利用させていただくすき屋での接客が気持ちが良く、サービスの提供もすごく早くてとても気に入っています。今度はサービスを提供する側に立って接客スキルを学んでいきたいという思いから志望いたしました。

といったように、志望動機をはっきりと伝えることによって、あなたのアルバイトに対しての本気度も伝わるので他のアルバイトではなくなぜすき屋だったのかと言えていたかどうか考えてみましょう。

すき屋の希望の勤務条件に合わなかった可能性も…

どれだけ面接官の質問にはっきりと答えることができていたとしても、すき屋が求める希望条件に合わなかった場合には落とされてしまうこともあります。

土日祝日や夜間帯での人手が不足しているといった場合であれば、平日の午前中にいくら希望していても雇ってもらうことはできません。

面接官からの質問にも答えて自信があったはずなのにと思う人は、希望条件がマッチしなかったのかもしれませんね。

この場合はいくら考えて仕方がないことなので、なるべく早く他を探す方がいいでしょう。

すき屋の面接結果はどれくらいでくる?落ちたら新しいバイト先を探そう!

すき屋のアルバイトの面接結果は、だいたい3日以内に合格者に連絡がくることが多いようです。

それ以上過ぎても連絡がこない…といった場合には、落とされてしまった可能性が高いですね。

前述もしたように、希望条件の不一致で落とされてしまうこともあるので、あまり気にしすぎずに次のアルバイト先を探していきましょう。

アルバイト求人サイトの中でも、「マッハバイト」ならバイトが決まれば最大1万円のお祝い金がもらえるマッハボーナスもついています。

すき家以外の飲食店のアルバイトやパート求人もあるので、まずは、自分の住んでいる地域で募集が出ていないか探してみてくださいね。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>