住友不動産の中途採用の倍率は?採用時期や転職の秘訣を大公開!

住友不動産へ転職したいけれど倍率や選考方法について気になるという方も多いですよね。

住友不動産は大手不動産の中でも人気が高く、中途採用の募集がかかれば倍率がかなり高く当然ながら落とされてしまう人も多いのが現実です。

ここでは、住友不動産が中途採用で人気が出る理由についてや中途採用の時期や募集職種、選考方法についてまとめてみました。

住友不動産の中途採用の倍率が高い理由は?

では、住友不動産の中途採用の倍率が高いのはどのような理由からなのか見てみましょう。

大手不動産デベロッパーとしてのネームバリューの高さ

住友不動産は、賃貸事業と分譲住宅事業でバランスよくシェアを獲得している会社で、大手デベロッパーとしても高い知名度を誇っています。

顧客の方から住友不動産の物件を選ぶという人も多いことから、営業職として中途入社した場合でも営業がやりやすいといったところが何よりもメリットです。

ブランド名で安心感を持ってもらいやすいという支持率の高さ、そして転職者自身にとっても住友不動産というブランド名に惹かれて中途採用の募集がかかれば受ける人も多くなりますね。

営業利益が顕著に右肩上がりで伸びている

また、住友不動産は2020年にかけて右肩上がりで売り上げ高も営業利益も伸びています。

引用元:http://www.sumitomo-rd.co.jp/ir/plan.html

都心部を中心に分譲マンションでの伸び率も高く、基本的に営業マンが値引きすることはないのでこの営業率の高さを誇っています。

業績的にも安定している上に成長を続けているということもあって、経営状態の内容からも転職者には非常に人気があるのです。

インセンティブが高く売れると高収入も実現できるため

住友不動産の平均年収としては700万円代後半になりますが、インセンティブの部分の割合が高く売れる営業マンであれば高収入も実現することが可能な会社になっています。

成績優秀者であれば、年収1000万円以上も実現することが夢ではないため、厳しくとも結果が給与に反映されるようなところで挑戦したいという挑戦意欲の高い人には人気です。

建築や不動産業界経験者も集まりやすい

これまでの理由から建築や不動産業界出身者も住友不動産の中途採用に応募をする人が多く、また、住友不動産事態も業界経験者を歓迎しているところがあります。

中途採用者は即戦力となる人が優遇される傾向にあるため、未経験歓迎出会った場合でも応募者の中にこうした業界出身者がいれば有利になってしまうところはあるでしょう。

こうした理由からも不採用になってしまうということは出てくるところはあるのかもしれませんね。

とはいえ、住友不動産はマンションの建設販売がメインになるので、多くの営業職が必要になることから同じ不動産業界の三井不動産や三菱地所に比べても募集されている機会は多くハードルはそれよりかは低めですよ。

住友不動産の中途採用の時期や募集される職種について

住友不動産の中途採用は、何かしらどこかのポジションで募集されていることが多いのですが、その中でも年明けから3月に募集がかけられていることが多いですね。

募集される職種は、

  1. 営業職
  2. 技術職
  3. スタッフ職

と主にこの3つに分けられて募集されていて、その中でも、新築そっくりさんの戸建てやマンションなどのリフォーム分野での営業職が一番よく中途採用で募集がかけられています。

リフォーム業の提案営業は、一番不動産の中でもきつい分野だといわれているのですが、住友不動産の場合には、ネームバリューもあることから会社のブランド力を活かした提案ができるのではないでしょうか。

住友不動産の中途採用に応募をする方法は?

住友不動産の中途採用に応募をするには、住友不動産のホームページから直接エントリーで応募することが可能です。

住友不動産公式サイト<中途採用応募ページ>

ちなみに、2020年3月時点では公式サイトでもリクナビネクストからの応募を推奨していて、そちらからの連携が可能になっているのですでにリクナビネクストに登録をしているとう人はそこからエントリーした方が早いようですね。

住友不動産の公式サイトから直接応募する場合には、住友不動産の中途採用の募集ページから自分の希望している職種に入り、そこからエントリーボタンを押して情報を入力します。

名前や連絡先、連絡の取りやすい時間や自分のこれまでの職歴を明記した上で送信すれば、先方から会社説明会などの案内がくるようになります。

その後、SPIなどの適正検査を経て、何度か面接を経て内定となります。

住友不動産への転職成功の秘訣は?

住友不動産へ転職を成功をさえるには、まずはしっかりと履歴書・職務経歴書と面接の準備を怠らないことです。

前述もしましたが、建築や不動産業界出身者も多く応募する企業であることからも、いかにその中であなた自身が選ばれるかが必要になってくるからです。

また、営業職の応募であれば、とにかく目標数字を達成できる人材が求められる傾向が強いので、自己PRや志望動機などで過去の経験の中からしっかりとアピールできるように努めましょう。

ジョブカフェ・サポステと併用したい転職エージェント

リクルートエージェント 

コンサルタントがあなたの転職を無料で徹底サポート

民間の転職エージェントでも、担当のコンサルタントが間に入ってあなたの転職をサポートしてくれます。履歴書の書き方から面接対策まで徹底して行ってくれる上に、登録からその後のサポートも完全無料で利用でき、費用がかかるようなことは一切ありません。

求人の選択肢を広げることができる!

20万件以上の求人数を抱えているので、ジョブカフェやサポステなどでは扱っていない求人も豊富にあります。登録をして初めて紹介してもらえる非公開求人の中には、あなたが働いてみたいと思えるような企業が見つかるかもしれませんよ。

リクルートエージェントに登録してみる