スーパー店員から転職!おすすめの転職先と最高の職場を探すステップ

スーパーの店員をもう辞めたい・・・

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして働いてきましたがスーパーの店員からの転職を考える人も少なくはありませんでした。

ですが、


今さら転職なんてできるのか・・・

と不安に思ったり悩んでいる方が多かったですね。

もしあなたが異業種への転職を考えているのであれば、確かに、現実的に厳しいところもありますが、事前の面接対策をしっかりしていれば、スーパー店員から異業種への転職も十分に可能です。

ここでは、スーパー店員から異業種へ転職する場合の注意点や、おすすめできる転職先と最高の職場を探すためのステップをご紹介していきます。

途中、現実的な耳に痛いこともお伝えしていくことになるので、本気でスーパーの店員を辞めてもいいと思ている人以外は読まないでくださいね。

>>>リクルートエージェントでスーパー以外の求人を紹介してもらう

スーパー店員を辞めたい!転職をしていく人たちの理由

スーパーの店員から実際に転職をしていった人たちはどんな理由で辞めていったのかというと次のようなものがありました。

  • 長時間労働が基本で給料も安いのでこの先働き続けたいと思えない
  • 人を募集しても集まらずに常に人員不足。その影響から社員の負担が大きい
  • 部門の責任者を任されたが売り上げに対してのプレッシャーが厳しくきつい
  • パートやアルバイトをまとめているがどんどん人が辞めていくので辛い など

本当に様々な理由からスーパーの店員を辞めたい・・・と考える人が多かったですね。

あなた自身はどんな理由から転職を考えているでしょうか。

今のあなたの辞めたいという気持ちにとことん向き合うことで、本当にこの先どういった働き方がいいのかが見えてくるきっかけになります。

忙しい中でもしっかりと自分自身に向き合う時間を作って考えてみてくださいね。

スーパー店員から異業種へ転職する場合の注意点

スーパーの店員から同じ同業他社への転職であれば、即戦力として働けるので有利になることも多いのですが異業種ともなるとやはり厳しくなりがちです。

企業の多くが異業種からの未経験者を受け入れるのであれば、せめて20代半ばくらいまでか後半くらいまでといった希望を持っていることも少なくはなく、それ以降ともなれば即戦力が重要視されてくるからです。

30代以上ともなれば人をまとめたりしたマネジメント経験も問われてきます。

そのため、異業種への転職を考えるのであれば、早いければ早い方がいいですし、これまでのスーパーでの経験の中から面接でアピールできるスキルを知っておく必要が出てきます。

例えば、

  • どうすれば部門の売り上げが上がるかを考えて、陳列の仕方や価格の見せ方にこだわってきました。その結果、部門別の売り上げアップにつなげることができ店舗の売り上げに大きく貢献することができていました。
  • レジでお客様をどうすればお待たせしないかを常に考えて働いたので、迅速に正確な対応することには自信があります。 など

あなた自身のこれまでの経験を振り返って、あなたの強みを見つけ出してアピールすることが求められてきます。

しっかりと自分のアピールポイントを理解しておけば、異業種への転職であってもできるようになりますよ。

>>>リクルートエージェントでスーパー以外の求人を紹介してもらう

スーパー店員から転職しやすいおすすめの転職先って?

私が過去の転職サポートを通して、元スーパーの店員さんが実際にどんなところへ転職をしてきたのかをご紹介します。

あくまでも一例にはなるので参考程度に見ていきましょう。

食品専門商社 ルート営業職 男性 40代

スーパーの精肉売り場の担当として、在庫管理から陳列などを担当してきた方で食品専門商社へのルート営業職への転職を決めた方がいました。

営業の経験がないにもかかわらず専門商社への転職ができたのは、やはり精肉に対しての消費者目線での深い知識があったからこそです。

輸入した精肉を精肉店や飲食店に卸していく仕事で、その知識を活かせるとあって企業側にとっても非常に興味を持たれての転職でした。

ご本人にとっても販売職から営業職になり、給料が大幅アップにもつながりました。

食材宅配サービス会社 コールセンター 女性 40代

スーパーのレジの店員から、食材宅配サービス会社での受注を受け付けるコールセンターへの転職に成功された方もいました。

スーパーでの立ち仕事やシフト勤務を続けていくことがきつくなってきたこともあって、コールセンターでのデスクワークの仕事にチェンジされました。

年齢も関係なく採用されることも多いので、人によっては求人自体も豊富なので転職先の候補の1つになるのではないでしょうか。

食品メーカー 企画職 女性 30代

スーパーの店員としての経験の中で、積極的に売り場の陳列や値札の表示方法などにこだわって働いてきたということをアピールし、菓子メーカーの企画職に転職できた方もいました。

年齢的にまだ若かったことと、売る立場と消費者である主婦目線との両方を持っているということで、企業側からの評価が高く内定につながりました。

とはいえ、企画職の仕事はあまり表に求人はでることはなく、ほとんどが社内からの異動で賄われてしまいがちです。

そのため、求人自体が限りなく少ないので、ハードルは高くなるということは理解しておいた方が身のためです。

スーパー店員から転職して最高職場を見つけ出すコツ

他にも、スーパーの店員から様々な職場へ転職できた方がいます。

しっかりと事前の面接対策をして自分のやってきたことをアピールすれば、他業界や異業種への転職はできないことはありません。

転職先を探すにあたっては、

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

の4つの探し方がありますが、スーパーの店員からの転職をするなら転職エージェントが一番効率的です。

コンサルタントがあなたの希望に合ったところと、企業側との採用ニーズとを擦り合わせた上で求人を紹介してくれるからです。

また、履歴書・職務経歴書・面接などの対策もしてもらえるので、一人で転職活動を進めていくよりもスムーズです。

将来的な転職を考えている人であれば、だれもが利用でき一切費用がかかることもありません。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる