【測量士を辞めたい】測量士から異業種へ転職するなら注意したい事

「測量士をもう辞めたい・・・」

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして働いてきたのですが、意外にも測量士からの転職相談も受けることもありました。

特に、測量士として働き始めて3年目くらいの人が一番多かったのですが、ある程度働いてきたところで自分には向いていないと見切りをつけてしまうところがあるようです。

異業種への転職ともなると測量士としてのスキルをすべて活かして働くことはできないために厳しいところもありますが、決してできないわけではありません。

ここでは、測量士から異業種へ転職する場合の注意点と実際に転職した人がどんなところへ転職したのか見てみましょう。

途中、厳しいこともお伝えしていくことにはなるため、本当に測量士を辞めてもいいと考えている人以外は読まないでくださいね。

測量士を辞めたい!測量士から転職していく人たちの理由とは?

測量士の仕事を辞めていく人たちに多い理由には次のようなものがありました。

体力的にきつく続けていけない

測量士として働き始めた人がまず思うのが、体力が必要な仕事だということです。

一日中外で重たい測量機器を持ち歩かなければいけないので、夏場などでの作業は特に体力的にきつく感じてしまうものです。

また、現場によっては山地だったり、早朝から深夜までの作業をしなければいけないこともあったりとかなりハードな場合もあります。

測量士の仕事がここまで大変だと思わずに働き始め、ギャップを感じて辞めてしまう人が多いですね。

給料が安く将来性がない

大手企業の測量士であれば、比較的収入も高いのですが、中小企業の場合には30代でも年収400万円いかない人もいたりとその差は大きいものです。

そのため、職場によっては給料が安く昇給もあまり見込めないために、将来性がないといって辞める人もいます。

測量士としての需要が減ってきている

10年ほど前に公共事業が見直されたことの影響を受けて、数多くの測量会社が潰れてしまったということがありました。

そこから、右肩下がりで測量士の需要は減っていて、測量士の数自体も減ってきています。

実際に国土交通省が出している資料で確認してみると、平成16年ごろ堺にして測量士の登録者数がかなり減少していることも分かります。

国土交通省:http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000731.html

測量会社の経営者自体が高齢になってきていて、仕事自体も少ない上に、入札自体も赤字ラインでギリギリの状態で受託するということも少なくありません。

今後も測量士を取り巻く環境は厳しいことから、今のうちに異業種へ転職をしておきたいという人は多いですね。

測量士から異業種へ転職する場合に注意したいこと

測量士として違う測量会差hに転職をするのであれば、これまでのスキルをそのまま活かして働けるため転職自体もしやすいのですが、異業種への転職ともなるとなかなか厳しいところはあります。

転職をするならできるだけ早い方がいい

未経験者を歓迎している求人も見かけることはありますが、そのほとんどが20代半ばくらいまでの第二新卒を希望しています。

若年層を採用すれば、長期キャリアを形成していくことができるので企業側にはメリットも大きくなります。

測量士としてあなたがどれだけ経験を重ねてきていたとしても、30代、40代ともなってくると異業種への転職では有利にはなりません。

本気で測量士を辞めて業種を変えたいと思うのであれば、なるべく早いうちに決断をして新天地で経験を積むのが理想的です。

測量士として転職活動でアピールできるスキルを把握しておくこと

測量士から異業種への転職は、技術がそのまま活かせるわけではありませんから、あなたの経験の中からアピールできることを知っておく必要があります。

例えば、測量士として持っているスキルには次のようなことが考えられます。

  • 観測調査をどうすれば効率的に行えるか事前に計画を立て、測量機器の種類や容量などを確認し調達したり、人員の調整をしたりといったことをしていたため、段取りを組んで計画的に仕事を進めていくことが得意です。
  • 寒い時期や真夏の炎天下でも野外で長時間の作業をしてきたため、体力と忍耐力には自信があります。
  • 広大な土地で地道なデータを拾っていく作業をしてきたことで、集中してコツコツと仕事に取り組むことができ細かいことも苦にはなりません。

こうした経験の中からあなたができること、強みとしていることを伝えることで転職活動においてアピールになり、異業種への転職も十分可能になります。

異業種への転職で不採用が続いてしまい転職活動が長期戦になってしまう人のほとんどが、これができていないことがほとんどです。

測量士からどんなところへ転職しているの?

実際に元測量士の人がどんなところへ転職していったのか気になる人もいるのではないでしょうか。

あなたの希望とは異なるかもしれませんが、今後の参考に見ておきましょう。

20代 男性

20代 男性
測量士として、測量会社で3年間働いていましたが、長時間の労働で朝から深夜まで働かなければならずにきつくて辞めました。家族経営しているような少人数の職場だったので、人間関係も狭かったのも要因です。今は測量士から転職して、WEB広告会社でのコンサルティング職の仕事に転職しました。パソコンは使えただけで必要なスキルは転職してから身につけられた感じです。測量士の仕事のときは自分よりもかなり上の人と仕事をしてきましたが、今は同世代の人か30代の人が中止なので話もあって楽しいですね。もう現場仕事はできないと思います。
20代 女性

20代 女性
測量士の仕事がこんなにきついと思わずに新卒で就職しました。本当に体力がいる仕事で女性には難しいと1年働いてみて判断しました。現在は大手の測量会社に転職して一般事務職として働いています。長く働き続けるには、自分にとっては事務が一番だと思い転職しましたが、デスクワークで体力的にも楽に働けています。1年現場でやってきたことも活かすこともできたのは良かったです。

測量士から転職をして自分に合う職場を見つけるコツ

測量士を辞めて本当に自分に合う職場を探したいという方は、転職エージェントを活用して非公開求人の中から求人の紹介を受けてみましょう。

ハローワークや転職サイトの2倍以上の求人数をエージェントが抱えているので、測量士としての経験が活かせる分野への転職から、全く違う異業種への転職まで様々な求人を紹介してもらうことが可能です。

将来的な転職で考えているという方であれば誰もが利用で、登録からその後のサポートも完全無料で利用できて安心です。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる