【悲報】タクシー会社の面接で落ちた!不採用なら見直したいポイント

タクシー会社の面接を受けたけれど、結果は不採用に…。


タクシー会社で落ちるとか、自信がなくなる…。自分には向いていないと思われたのだろうか…。

中途採用も積極的に採用していることの多いタクシー会社で落ちてしまうと、自分の何がいけなかったのか…とあれこれと考えて落ち込んでしまうこともありますよね。

最近では、中高年が転職でタクシー会社の面接を受けても落ちてしまう…といったことは珍しくはありません。

ここでは、今後も面接で落ち続けることがないように何がいけなかったのかの原因を探ってみましょう。

タクシー会社の中でも落ちやすい企業はここ!

タクシー会社の中でも、特に人気がある企業としては次のとおりです。

  • 日本交通
  • 国際自動車(KMタクシー)
  • 大和タクシー
  • 名鉄タクシー

だいたいこの上記のいずれかを受ける人が多いのですが、その分、落ちてしまう人も…。

大手なのでそれだけ待遇面や福利厚生面で他のタクシー会社よりも恵まれていることから、タクシー運転手を目指している人の多くが受ける企業でもあります。

そのため、面接を受けても不採用になってしまうという人も少なくはなく、中には、大手のタクシー会社はすべて受けたけれどどこも受からなかった…という人までいるほどです。

ここ最近は、新卒でもタクシー会社に就職しやすく教育環境を整えていたりすることもあり、若い人たちも注目するようになってきているところもあります。

そのため、タクシー会社だから受かりやすいということはなく、しっかりと面接の中で人物選考をされているということを意識しておきたいですね。

タクシー会社の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

では、タクシー会社の面接で落ちてしまった原因について、しっかりと掘り下げて考えてみましょう。

面接での身だしなみ・マナーに問題はなかったかどうか

当然のことですが、タクシー会社の面接でも身だしなみやマナー面では厳しくチェックされます。

お客様と直接接する仕事で企業の顔にもなりますから、身だしなみやマナーが悪いという人は面接で不採用になってしまう可能性も…。

清潔感を意識して面接にふさわしい格好で望むことが求められます。

  • 面接に相応しい上下そろえたスーツを着用していたかどうか
  • スーツやシャツなどにしわはなかったか
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかからないように短くしていた、あるいは、まとめていたか
  • 髪の毛は基本的に黒、あるいは、限りなく黒に近く焦げ茶色だったかどうか
  • ノックをした後に静かに扉を閉めていたかどうか
  • 面接官が着席した後に、自分が着席していたかどうか
  • 面接中に緊張から髪の毛や顔をいじったり触ったりしていなかったか
  • 聞かれた質問に対してはっきりと明確な答えを伝えられていたか etc

最低限、これくらいのことは面接の中でできておく必要があり、明日からでもタクシーに乗ってお客様の前に出せる人材かどうかで判断されています。

前職の退職理由で不平不満を言わなかったか

中途採用の面接では、必ずと言って前職の退職理由を聞かれることになりますが、前職の不平や不満につながるようなことをここで伝えてしまうとそれだけで不採用になる場合もあるので注意が必要です。

  • 残業時間が多かった
  • 給与が安かった

たとえ、こうしたことが理由になって退職をしていた場合でも、必ずポジティブな退職理由に言い換えて伝えられるかどうかがポイントです。

ネガティブなことを伝えて分かってもらおうとしたところで、あなた自身のメリットになるようなことは一ミリもありませんから、しっかりと事前にこれまでの退職理由については考えておくようにしましょう。

タクシー運転手としてだけではなく企業に対しての志望動機が明確だったか

中途採用の面接で必ず聞かれることの1つに志望動機があります。

ここで、ただタクシー運転手として自分のペースでできる仕事が自分に向いているから…といった、タクシー運転手の志望動機だけを答えるのでは弱すぎます。

ここでは、数あるタクシー会社の中で、なぜその企業を選んだのか、なぜその企業に魅力を感じているのかということをより具体的に伝える必要があります。

どれだけ明確な志望動機をいえるかどうかで、その人のインパクトが変わってくるので、あなたが伝えた志望動機がオンリーワンなものになっていたかどうかもう一度見直してみてくださいね。

過去の運転で事故歴や違反歴についてはどう伝えたか

タクシーの運転をする上で、過去に運転事故や違反歴があるかどうかという点も面接の中で必ず聞かれます。

ここでは、当然ながらウソ偽りなく正直なことを伝えるようにした上で、それでも、現在はどのようなことを心掛けて運転をしているのか、その事故や違反を教訓にあなたが何を感じたのかを伝えておきたいですね。

事故や違反があった場合でも、少しでも面接での可能性を上げるために、工夫してアピールできることはできるようにしておきましょう。

健康面でも問題はないかどうか

タクシー会社では、面接後には必ず健康診断を受けることになるのですが、面接の時点でも聞かれることはよくあります。

何かしら運転に差支えがあるような持病があったり、不安要素があると言った場合には、その時点で不採用になってしまう可能性も…。

ここ最近は、高齢者のドライバー事故の多発などで、よりいっそう厳しく健康面はチェックされています。

人の命を預かっているという責任のある仕事ですから、健康面で病気などがある場合には、どうしても面接で不採用と判断されてしまうことは少なくありません。

特に、中高年になってくると、誰しも何かしらの不安要素は出てきたりするものです。

とはいえ、何かしらの健康面での不安要素があれば、事前に話しておく必要があります。

これで落とされたとしてもどうしようもできないこともありますから、しっかりと気持ちを切り替えて他の選択肢も探っていきたいですね。

タクシー以外の選択肢も広げていきたい人へ

タクシー会社は落ちてしまったけれど、タクシー会社以外の選択肢を広げていきたいという人には、転職エージェントの活用もおすすめです。

ハローワークや転職サイトの2倍以上の求人を非公開求人として抱えているので、あなたが理想とするような働き方や待遇面が実現できる企業の求人も見つかる可能性が高くなります。

残念ながらタクシー運転手の求人の扱いはありませんが、タクシー運転手以外の選択肢を考えている人なら利用しておきたいところです。

登録からその後のサポートも、内定をもらった後も、求職者側には一切費用がかかることはありません。

強引な転職を勧められるということもないので、選択肢を広げるためにも1つは登録しておきたいところです。

 

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる