人材派遣の営業職から転職するには?【※おすすめの転職先10選】

人材派遣の営業職をもう辞めたい・・・、企業とスタッフとの間の板挟みにはこれ以上なりたくない!

そういって人材派遣の営業職からの転職を考えている人も少なくはありません。

私自身も人材紹介会社で10年以上、派遣や紹介などの仕事に携わってきたので痛いほどその気持ちが分かります。

  • スタッフのばっくれ
  • 企業への謝罪対応

については今考えてもよくやってきたな・・・と思います。

私自身は、現在、独立をして個人事業主としてウェブメディアの運営を行っていますが、人材紹介会社での仕事は他で活かせることもたくさんあります。

上場している大手の人材紹介会社で働いていましたが、私の同期もほぼ全員が他業界・異業種へと転職して、今残って働いている人は2人ほどです。

これから人材派遣の営業職として働いてきた人が最高の職場に出会うための3つのステップをご紹介していきます。

途中、厳しい現実もお伝えしていくので本気で人材派遣の営業を辞めてもいいと考えている人以外は読まないで下さいね。

人材派遣の営業職からのオススメの転職先は?

人材派遣の営業職からのオススメの転職先をご紹介していきます。

私の同期や同じ職場で働いてきた人達が実際に転職していった転職先になりますので、すべての人に当てはまるものではありませんが今後の参考程度に見ていきましょう。

食品専門商社のルート営業 29歳 男性

法人に対しての営業経験を活かして、食品専門の商社へと転職を決めた人もいます。

成績自体も良かったのでその実績もかわれての転職です。

対法人なので転職後もそこまでギャップを感じることがなく働けているようです。

人材派遣から医療専門の人材紹介会社 35歳 男性

派遣に携わってきた経験から、さらなるステップアップをと薬剤師専門の人材紹介会社へと転職を決めた人もいます。

同じ人材業界の中での転職は、経験がそのまま活かせる場合が多く、派遣から別の企業の紹介業へと転職する人はかなり多いですね。

ブライダル業界のプランナー職 28歳 男性

もともと興味のあったブライダル業界へのプランナー職へと転職をした人もいます。

ブライダル業界というと全く異なる業界のように思われますが、営業職としての経験があれば未経験でも幅広く募集している企業もあります。

医療法人本部の人事 32歳 女性

医療系スタッフの人材派遣で携わってきた経験をかわれて、大手医療法人の本部での看護師を採用する人事職への転職に成功しました。

彼女が転職した先は、もともとの取引先の医療法人だったのですが、法人からの誘いを受けての転職で、人材派遣での幅広いつながりを活かして転職をした事例です。

コールセンターのスーパバイザ― 26歳 女性

コールセンターのSV職への転職を決めた人もいます。

スタッフの勤怠管理などの経験や電話での対応に慣れているということが決め手になったようです。

広告代理店の営業職 28歳 女性

法人営業を3年以上経験してきた彼女は、その経験を活かして大手新聞の広告代理店の営業職へと転職を決めました。

新規で広告先を取ってくるというよりも、既にある既存取引先への営業になったため、仕事自体もやりやすくなったようです。

現在は、出産をきっかけに同じ会社内での営業職から経理職への転換をしています。

教育業界のカウンセリング営業・マネジメント職 32歳 男性

全日制専門学校での生徒募集の営業職へと転職をした人もいます。

資料請求があった人に対して電話をかけてアポイントを取り、個人面談で営業を行うカウンセリング営業の仕事です。

営業として実績を作ったのちに、現在はマネージャーとして活躍しています。

専門商社への貿易事務職 26歳 女性

派遣の営業職としてもうこりごりだった彼女は、営業職として働きながら学校に通い貿易事務の勉強を続けていました。

その後、未経験ではあったものの仕事と並行しながら勉学を続けてきた事を評価してもらえ、専門商社での貿易事務への転職に成功しました。

脱毛サロンの美容カウンセラー 25歳 女性

もともと自分の好きな美容業界で働きたいと思っていた彼女は、営業の経験を活かして脱毛サロンでの美容カウンセラーとして働いています。

個人顧客への営業と脱毛施術が主な仕事ですが、脱毛施術については転職後に研修を経て身につけていきました。

保育士派遣業界 営業職 26歳 女性

人材派遣の経験を活かしてもっと特化した分野へいきたいと保育士派遣の業界へ転職を決めました。

保育士のニーズは非常に高いことから、紹介・派遣会社が増えて今勢いのある分野になっているようですよ。

人材派遣の営業職からの転職する場合に注意したいこと

いろいろと転職先を見てきましたが、あなたが気になったものはあるでしょうか。

人材派遣から様々な分野へと転職を決めた人の成功事例を見てきましたが、営業職という経験や人と人との間で関わってきた経験をそのまま活かせる転職先を探せるといいですね。

ただし、未経験の業界へ転職する場合、どうしても第二新卒といった若い人たちが優先的になってきます。

30代以降にいなれば、マネジメント経験が必須といった企業も増えてくるので、こうした経験を積んでいない人はなるべく早いうちに転職を決めて、転職先でマネジメント経験を積んでいけるようになれるといいですね。

私自身も今や個人事業主として働いていますが、未来はあなた自身でつかみ取ることができるので、狭い業界にとどまらずもっと経験を広げていきましょう。

 

 

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる