旅行会社からの転職理由は?辞めたい人におすすめの転職先

薄利多売な旅行業界・・・、そろそろ異業種へと転職を考えている人もいるかもしれませんね。

人材紹介会社で10年以上勤務してきましたが、旅行会社・旅行代理店を辞める人からの転職相談もよく受けてきました。

  • 景気や災害などに左右されやすい
  • 給料が安い…

様々な理由から異業種への転職を考える人も少なくはありません。

とはいっても、異業種への転職はリスクもあるので、旅行業界を辞めたいという思いがあっても冷静に判断しなければいけない部分もあります。

ここでは、旅行会社から異業種へ転職を考えている人のために、知っておきたい異業種転職のリスクや最高の職場に出会うためのステップをまとめてみました。

現在、コロナの影響で旅行会社は大きな痛手を受けています。

観光業は真っ先に不景気や天災などの影響も受けやすく、コロナの終息後にどこまで景気が戻ってくるかどうかで大きく変わりそうです。

旅行会社を辞めたい!退職者で多い理由とは?

激務な割に給料が安い

大手旅行会社であっても平均年収は400万円台と他の業界と比較をしても低めです。

その割に残業も多いことからも給料がわりに合わないと感じて辞めてしまう人が圧倒的に多いですね。

出世したところでそこまで大幅な給料アップにつながることはないため、キャリアプランが描けないと感じてしまう人も…。

シフト勤務で家庭と両立しにくい

大手旅行会社であれば、有給休暇の取得率が高い企業もあったりするものの中小ではまだまだなところがほとんどです。

また、店舗によっては年中無休のところもあり、土日祝日や年末年始も関係なく出勤しなければいけないといった事情からも家庭と両立して働くことができないと考えて辞めていく女性も多いですね。

将来的に長く働き続けられる職場ではないことからも、早い段階で身を置く場所を変える人も少なくありません。

不景気・天災の影響を真っ先に受けやすい業界だから

ひとたび不景気に陥ると観光などへお金を使う人が減ってしまうため、真っ先に影響を受けやすい業界でもあります。

また、コロナなどの天災による影響も受け、なかなかリモートワークも困難な仕事でもあることから先行きが不透明な状況が続いています。

不安定な業界と考えてもっと景気や天災に左右されにくい職種に就きたいという人も多いですね。

旅行会社を辞めたい人におすすめの転職先

では、旅行会社を辞めたい人におすすめの転職先はどんなところがあるのでしょうか。

IT・WEB系業界

不景気や天災の影響を受けやすい旅行会社を辞めたいと考えている人なら、IT・WEB業界がおすすめです。

営業系の仕事であれば、未経験からでも募集している企業も多く、なんといっても不景気や天災の影響を受けにくいところがあるからです。

今回のコロナの影響でも在宅ワークに切り替えができる企業が多いことから大きな影響を受けていません。

一部の企業に至ってはコロナによって逆に売り上げを伸ばしている企業も増えています。

在宅ワークの支援を行う企業やECサイトを運営している企業などがそれにあたります。

旅行代理店などのセールスで接客をしていたのであれば、営業スキルも活かすことが可能ですよ。

ブライダル業界

旅行会社とブライダル関係の会社の相性はよく、旅行業界から転職してブライダル業界へ行く人も珍しくありません。

人に喜んでもらいたいといった思いを持っている人が多いことや、ミスなくスケジュールを組んでいくということができるスキルを持っていることからも経験も評価されやすいところがあります。

ただし、旅行会社同様に土日祝日が基本は出勤になりシフト勤務になるため、その点がクリアになる人のみに人気がありますね。

旅行会社から異業種への転職はリスクが高い?

旅行業界から異業種への転職には、それなりにリスクが付いて回ります。

まずは、しっかりとリスクを理解した上で、本当にいいのかどうか判断していきましょう。

未経験分野への転職は採用のハードルが高くなる

中途採用では、企業は即戦力を第一に求めている傾向が強くなりますから、未経験分野への転職は当然ながら採用のハードルが高くなりがちです。

そのため、他の応募者の中でもあなたに際立ったものがなければ採用自体もなかなかされません。

特に、30代以降の転職の場合には、教育や指導、マネジメント経験を求めている企業がかなり多くなります。

もし、あなたがこうした経験を積んできていない場合には、転職時にあなたがこれまでの経験の中から武器になるものを探す必要が出てきます。

ギャップを感じてしまいやすい

旅行代理店でカウンターセールスをしてきた人が、突然、外回りの営業職につく場合など、異業種への転職はギャップが付き物です。

最初からギャップがあるものとして転職していなければ、転職後に辞めたいと言って辞めてしまう原因にもつながりやすくなってしまいます。

経験ゼロから新人として働くことも

経験が全くない分野への転職の場合には、ほぼ新人としてスタートすることになってしまいます。

せっかくこれまでに築いてきたキャリアが無になるに等しい場合もあるので、異業種への転職が本当に良いのかどうか冷静になって考える必要があります。

全くの未経験分野への挑戦の場合には、ゼロから学ぶ姿勢でいなければ入ってからきつく感じてしまうかもしれません。

旅行会社から最高の職場に出会うための3つのステップ

旅行会社からの転職を本気で考えている人は、最高の職場に出会うためにも次のステップを見ておきましょう。

自分の武器になるものを把握すること

異業種への転職はハードルが高くなりがちですから、まずはあなた自身が持っているスキルを表面化させてしまいましょう。

【旅行業界で働く人が持っている主なスキル】

  • 迅速にミスなく事務処理ができる
  • 顧客からの評価が高くリピーターにつなげることができる
  • 相手の立場に立った提案ができる
  • 顧客に応じた細やかな気配りができる
  • 時間配分を考えたセールスができる など

あなた自身にしか持っていないスキルをまずは考えてみてください。

自分の強みを理解しておくことで、自分のスキルが最大限に活かせる職場を見つけやすくなったり、面接においても多くの引き出しの中から受け答えができるようになっていきますよ。

やりたくない事をはっきりさせる

次に、あなた自身がもうこの先はやりたくないことを列挙してみてください。

  • シフト勤務で働きたくない・土日休みがいい
  • 給料は少なくとも手取りで30万円は欲しい
  • 外に出る仕事がしたい
  • サービス残業はやらない
  • ノルマのない仕事がしたい など

あなたがこの先絶対にやりたくないことから逆算していくと、あなたが本当に求めているような職場はどんな職場なのかがよりリアルになってきます。

実は、ほとんどの人が異業種への転職はしたいけれど、本当は自分が何がやりたいのか分からない・・・という人ばかりなんですよね。

なかなか自分の心の底からやりたいものが沸き上がってくるものがないという人には、この方法はオススメです。

転職エージェントも活用してサポートを受けよう!

上記をしてきたうえで、あなた自身が異業種でも勝てる分野を見極めていくことが必要です。

1人でこの先のことを考えていても、どんな仕事が向いているのか分からないという人や、自分の活かせる分野が分からないという人は、転職エージェントを最大限に活用してみるのも選択肢の1つです。

転職サポートのプロがあなたに担当として付くので、あなたの希望と企業が求めている人材像とができるだけマッチしている企業だけを紹介してもらうことができます。

やみくもに異業種への転職をするよりも、より確実に精度を高めて転職活動ができるようになるので、転職活動がスムーズに進むことは間違いありません。

転職エージェントを活用することで、

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 企業に応じた面接対策
  • 面接のスケジュール管理
  • 条件交渉 など

様々なところでサポートもしてもらえます。

最初から最後まで求職者側に費用が発生することも一切ないので、安心して利用することができますよ。

本気で旅行会社からの転職を考えている人は、あなたが働きたいと思える会社が本当にあるのか探してみてくださいね。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる