旅行会社の面接なら逆質問が効果的!採用率アップにつなげる質問例

旅行会社の面接を受けるにあたって、面接官に何を質問すればいいのだろう・・・とお困りの方もいるかもしれませんね。

面接官に対して逆質問をすることで、あなた自身をよりアピールすることができるのですが、質問する内容によっては逆に印象を悪くしてしまうこともあるので注意しなければいけません。

ここでは、具体的にどんな質問だとNGなのかや、旅行会社ならぜひ使いたい質問例についてまとめてみました。

本気で旅行会社で働きたいと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

旅行会社の面接で逆質問が効果的な理由って?

旅行会社の面接の中で、逆質問をすることが効果的な理由は、あなた自身がよりその企業に対して興味があるという志望度の高さをアピールすることに繋げられるからです。

ほぼ高い確率で、面接官から面接の中で「質問はあるますか?」と聞かれますが、この時に、「特にはありません。」と答えた人と質問をいくつか投げかけた人では印象が変わりますよね。

後者の方がより相手に対して興味を持っているということが分かるので、できれば、事前に2~3つ程度の質問を用意しておいて面接の中で聞かれた時に困らないようにしておきましょう。

旅行会社は非常に人気が高く応募者も多いことから、その中で少しでも他の面接者の中であなたが印象に残るようにしたいですよね。

旅行会社の面接で使ってはいけない!面接官の印象を悪くする質問例

とはいっても、冒頭でもお伝えしましたが、質問内容によっては逆に印象が悪くなってしまう場合もあるので注意しなければいけません。

具体的にどんな質問内容がNGかというと、次のような質問内容です。

  • カウンターセールスの営業はノルマはどれくらいあるのでしょうか。
  • 旅行業界は離職率が高いと聞くのですが、御社ではどうなのでしょうか。
  • 自分の経験ではどれくらいの給与をいただけるのでしょうか。
  • 有給休暇の取得率はどれくらいあるのでしょうか。
  • ボーナスはどれくらい出ているのでしょうか。

といったように、労働条件に関することや、あなた自身の旅行会社に大しての消極性が伺えるような内容の質問、面接官が答えにくいような質問内容はNGです。

こうした質問だと面接の場で一体何を聞いているんだろう?面接の場を理解しているんだろうか?と面接官にも思われてしまいますし、場合によってはあなたの印象が悪くなってしまうケースがほとんどです。

あなた自身が気になるところがあったとしても、面接の場では聞かないように注意してくださいね。

ちなみに、面接官が既に説明した内容やホームページを見ればすぐにわかるようなことを質問することも避けたいところです。

人の話を聞けない人なのか、企業のホームページを読み込んでいないのかと思われてしまう可能性もありますよ。

旅行会社の面接で使える!採用率をグンと上げる質問例

では、旅行会社の面接でどいうった質問をすれば、面接官のウケがいいのかいくつか質問例をご紹介します。

  • 御社がカウンターセールスに求めることや期待していることにはどのようなことがあるのでしょうか。
  • カウンターでより多くのお客様の旅行の手続きをしたいと考えていますが、だいたい入社後どれくらいの期間で仕事に慣れる方が多いのでしょうか。
  • 仕事をする中で何か分からないことが出てきた場合には、周りの方に聞けるような環境はありますでしょうか。
  • カウンターセールスの仕事をするのであれば、いち早く実績を出したいと考えています。御社でトップセールスの成績を出されている方は、どういった方でしょうか。
  • 御社ではカウンターセールスの仕事はどういった観点から人事評価されているのでしょうか。
  • 御社ではアジア旅行に強みを持っているといことですが、1つのところに強みがあるということは、天災や事件など様々なことが要因で旅行者が減るリスクも考えられます。そういった場合には、御社ではどのようなリスクヘッジを考えておられるのでしょうか。

といったように、あなた自身が旅行会社に本気で就職したい、前向きに仕事をしたいと取られているということが面接官に伝わる内容になっていればOKです。

また、事業内容について切り込んでいくような内容の質問も、分析力があるといった評価を受けやすいのでウケがいい質問の1つでもあります。

面接の中では、緊張していてとっさに質問が出てこないということもあるので、企業のホームページを読み込んであなた自身にしかできない質問を考えてみるようにしてくださいね。

本当に知りたいところは他にある・・・という人へ

でも、本当のところは

  • 残業時間はどれくらいあるのか
  • 長期休暇は取れるのか
  • 有給取得率は?
  • 残業手当やボーナスは?

といったリアルなことが知りたいという人も多いですよね。

でも、実際には面接の場で聞くことはなかなか許されません。

もし、今後、転職活動をするにあたって、企業の内部情報も知った上で転職がしたいという人におすすめなのが転職エージェントでのコンサルタント相談です。

転職エージェントでは、コンサルタントが企業の内部情報を把握しているので、求人紹介の段階で企業の本当のところ・・・も教えてくれます。

転職後に思っていたのと違った・・・とギャップを感じてしまわない為にも、こうしたことを知りたいという人は利用してみてくださいね。

登録からその後のサポートもすべて無料でしてもらえるサービスなので積極的に活用しておきましょう。

リクルートエージェントにまだ登録をしていない方はこちら

リクルートエージェント

全国対応で転職成功実績No1!

全国対応であなたの転職を徹底サポートしてくれます。求人数が20万件以上と圧倒的な求人数があることから、転職者の8割が使っているエージェントです。

独自レポートで企業の内部情報まで教えてもらえる!

コンサルタントが企業の内部情報について、徹底的に調べ上げているので独自に収集した生の情報レポートももらえます。残業時間や有給休暇、賞与実績など実際のところを教えてもらえるので、転職後のギャップも少なくなりますよ。

リクルートエージェントに登録してみる