WEB・スカイプ面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント


スカイプのWEB面接の選考で落とされた…

一体自分の何がいけなかったんだろうか…

コロナで外出自粛傾向が続く中、多くの企業の採用と取り入れられ始めたWEB面接。

最近では、すべての選考がWEBという会社も出てきているほど、これまでにないスピードで積WEB面接は活用され始めています。

そんな企業のWEB面接にさっそく挑んだという人もいるかもしれませんが、意外と準備をしていないと落とされてしまうこともあるので注意が必要です。

ここでは、WEB面接で今後も落ち続けることないように、落ちたWEB面接を振り返って今一度何がダメだったのか考えてみましょう。

WEB・スカイプ面接で落とされた原因を掘り下げて考えてみよう!

動画面接の操作に不慣れではなかったかどうか

企業によってWEB面接でもどのシステムを使うかも異なりますが、スカイプやズームといったところが主流になっているようですね。

スカイプやズームを普段から利用していて、普段からWEBカメラ機能を使って誰かと画面を見ながら会話をしたりしている人であれば、問題なくスムーズに使いこなせるかもしれませんが、一度も使ったことがないという人は、いきなりのWEB面接で戸惑ってしまうということも多いでしょう。

実は、こうしたところで不慣れさが出てしまうと、パソコン操作に慣れていない、事前準備不足ととらわれてしまうところがあるので気をつけたいところです。

WEB環境が悪くてノイズが入ったり、画面がフリーズしたりしてしまうと、それだけで面接官の時間も使ってしまうことになるので事前のチェックは必要不可欠です。

WEB面接を取り入れている企業の多くは、在宅ワークも対応していることも多いのでこうした不慣れ感が出てしまうと、仕事で対応できるかなと思われてしまうことにもなりますから今一度見直してみてくださいね。

画面上に移るあなた自身の見え方を意識できていたかどうか

画面上に映し出されたあなた自身が顔映りが悪くなっていたということはなかったでしょうか。

WEBカメラでは、光の入り方や明るさ、角度などによって自分の顔が暗くなってしまい顔色が悪く見えてしまうことがよくあります。

部屋をできる限り明るくしたり、逆光にならないような場所を選んでいたかどうかでもあなたの映り方は変わってくるでしょう。

顔色よく見せたいという人は、机の上に置くことができるスタンド式の女優ライトを使ったり、後ろの背景を明るく見せるためにあえて無地の白い壁を選んだりという人もいるほどですからできれば、事前に画面映りのチェックをしておくことが大切です。

こだわる人はとことん自分の見え方にもこだわってWEB面接に臨んでいますから、何も準備をせずに場当たり的に受けてしまうとせっかく良い内容を面接の中で伝えていても面接官からの印象が悪くなってしまうので気を付けましょう。

今一度、あなた自身が面接を受けていた時の周りの環境や明るさなど問題なかったかどうか考えてみましょう。

面接の場にふさわしい服装で挑んでいたかどうか

WEB面接だからといって、面接時の服装に気を抜いていたということはなかったでしょうか。

通常の面接と同じように、上下は基本的にスーツ着用は必須です。

上だけスーツを着用し、下だけ映らないからと部屋着など着てしまうと、少し画面が動いた時などに映りこんでしまうということもあるので注意が必要です。

通常の面接に臨むのと同じように、スーツやシャツなどにもアイロンをしっかりとあててしわのないようにWEB面接にも望みたいですね。

声のトーンに問題はなかったか

WEB上では、普段の声よりもやや低く相手に伝わるところがあります。

できれば、普段よりも少し高めのトーンを意識して答えると、相手にも伝わりやすくなるのでおすすめです。

あなたの姿勢や目線は面接官を見ていたか

WEB面接を受ける際のあなたの姿勢や、受け答えをしている際に面接官の顔を見て話せていたかどうかも思い出してみましょう。

WEB面接に慣れていないと、どうしても目が泳いでしまい上を見たり、下を見たりしながら話してしまいがちです。

姿勢を正してしっかりと相手の顔をまっすぐ見て受け答えするためにも重要なのが、パソコン画面の位置になります。

ダイニングテーブルなどでは、椅子の高さが調節できなかったりするので、画面をのぞき込むような形になってしまいやすいです。

WEB面接で利用する予定の椅子で姿勢を正しくしてみて、目線をまっすぐ見たときに画面が目の前にくるように椅子の場所を確かめておいたり、パソコンの下に土台を作っておいたりと確かめておくようにしましょう。

WEB・スカイプ面接を落ちてしまったら徹底的に事前準備の対策を!

企業のWEB面接で落とされてしまったのであれば、徹底的に事前準備と練習をするようにしましょう。

家族や友人、知人に協力をしてもらってスカイプやズームなどに慣れておいたり、模擬WEB面接の練習に付き合ってもらったりということも必要です。

本気で受かりたいと思っている企業なのであれば、どれだけ事前に練習ができているかどうかでWEB面接結果も変わります。

とはいえ、一人暮らしだったり、恥ずかしくて家族や友人に言い出しにくい…ということもあるかもしれませんね。

そんな時は転職エージェントを使って活動をすることで、コンサルタントがWEB面接の対策もしっかりと行ってくれます。

客観的にみてあなたがどのように映っているかや、どのようなことに気を付けてWEB面接を受ければいいのかまで教えてくれるので、第三者の意見を取り入れておきたいという方は積極的に活用してみましょう。

ハローワークや転職サイトの2倍以上の求人数を抱えているので、選択肢を広げることにも繋がりますし、登録からその後のサポートまで一切費用もかからないので安心です。

これからの時代、どんどんとWEB面接だけではなく、在宅ワークもどんどんと取り入れられてくるので時代の変化に対応できる人材であるということを相手企業に見せられるよにしたいですね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる