溶接工から転職!辞めたい人におすすめの転職先と注意したいポイント

溶接工をしているけれど、もう辞めたい…。

転職エージェントのコンサルタントとして10年以上にわたって働いてきましたが、溶接工から転職を考える方も少なくはありませんでした。

実にその数、月に2~3人くらいのペースで相談を受けていた形になります。

溶接工の仕事は肉体的にもきつい仕事で、非常に離職率が高い仕事の1つではあるので、あなたが辞めたいと思うのも無理はないのかもしれません。

でも、溶接工から本当に転職ができるのか…と不安に思う方も少なくはないようなので、ここでは、溶接工から異業種へ転職する場合の注意点やおすすめの転職先についてまとめてみました。

溶接工を辞めて異業種へ転職も視野に入れていきたいという方は、今後の参考にしてみてくださいね。

溶接工からの転職ならリクルートエージェント>>>

溶接工は離職率が高い!溶接工辞めて転職していく人たちの理由って?

溶接工を辞めて溶接工から転職をしていく人たちの理由には、実に様々なものがありました。

  • 眼が焼ける、火傷をするなど、自分の健康が脅かされるのではないかという不安がある
  • 溶接をしている時に異物が飛んで目に入ったことがきっかけで、危険と隣り合わせの仕事をしていることの危機感を持った
  • 一日中、立ち仕事だったりしゃがんだ状態で仕事をしているので、腰や身体への負担が大きい
  • 納期が迫ってくると許容範囲を超えた重労働をさせられるので、キャパオーバー状態になってしまう
  • 重たい鋼材をハンマーで叩いたりと力仕事で体力的にきつく、今は大丈夫でも将来的に長く働き続けられる仕事ではないため
  • 溶接の仕事の大変さの割りには、給料が安すぎる
  • 景気の影響を受けやすくひとたび不景気になってしまうと必要とされなくなる etc

あなた自身はどんな思いから溶接工の仕事を辞めたいと感じているのでしょうか。

辞めたいという気持ちは一見するとネガティブな感情のように思われがちですが、この気持ちに向き合うことで、自分が今後どんな働き方を望んでいるのかということがよく分かるきっかけにもつながります。

今、あなたが溶接工を辞めたいと思っているのであれば、今後自分がどのような働き方をしたいと望んでいるのかがわかるきっかけにもなるので、ぜひ忙しい中でも時間を使って向き合ってみてくださいね。

溶接工からの転職で注意したいことは?

とはいえ、溶接工から転職をするのであれば、押さえておきたいポイントもいくつかあります。

異業種への転職ならできるだけ早い方がいい理由

中途採用の選考過程では、即戦力となるようなすぐにでも働けるような人が人材としては有利になります。

未経験者を採用するのであれば、なるべく若い20代の人を採用したいという企業が多いので、異業種への転職を考えるのであれば、早い方がいいにこしたことはありません。

30代以上にもなってくると、人をまとめたりといった管理職経験が問われてくることもあるため、まだそういった経験を積んできていないという方は、なるべく新天地でマネジメント経験も積んでいくようにしたいですね。

溶接工の仕事の中でアピールできることを把握しておくこと

また、異業種へ転職をするのであれば、即戦力として技術が活かせるさけではないため、溶接工の仕事の中であなた自身が仕事を通して何ができるのか、どんなことに貢献ができるのかということを把握しておく必要があります。

例えば、

  • 納期に間に合わせるために、計画的に仕事を進めることができる
  • 細かい作業をしてきたので、目の前の仕事に対して集中的に取り組むことができる etc

といったように、あなた自身の強みを理解しておくと、今後の転職活動において多いに役立ってきますよ。

溶接工のスキルを活かすならリクルートエージェント>>>

溶接工から転職するならおすすめの転職先は?

では、実際に溶接工から異業種へ転職した人たちはどんなところへ転職したのでしょうか。

溶接工からの転職者で多いのは、ダントツで営業職への転職が多いですね。

営業職は業界や企業にもよりますが、異業種からの転職者を幅広く受け入れていることがほとんどです。

  • 不動産
  • リフォーム
  • IT
  • 広告代理店
  • 人材派遣 etc

主にこうしたところでは、営業が未経験であっても採用しているような企業も多く比較的転職しやすいところです。

もちろん、未経験者を積極採用しているからといって必ずしも受かるということではありませんが、しっかりと事前に履歴書・職務経歴書や面接対策をしておけば受かる可能性も十分あります。

もちろん、上記以外にも異業種への転職自体もすることはできます。

溶接工をしている方の中には、学歴が…と学歴をコンプレックスに感じている方も多いのですが、それをカバーする為には、何をどうアピールすればいいのか考えていくようにすれば問題ありません。

これまであなたが経験してきた溶接工の仕事の中で、どんなスキルが身についてきたのか考えてみる機会も作ってみてくださいね。

異業種への転職は事前対策をしっかりしておけば、決して無理なことではありませんよ。

溶接工から転職をするなら転職エージェントの活用も!

求人を探すにあたって、

  • ハローワーク
  • 求人情報誌
  • 転職サイト

を活用している人もいるかもしれませんが、異業種へ転職をするのであれば、転職エージェントも活用することでスムーズな転職が可能です。

転職エージェントでは、転職サポートのプロであるコンサルタントがあなたに担当としてついて、未経験者でも受け入れている企業の求人の紹介から、あなたが何を活かしてアピールできるかまで引き出してくれます。

転職エージェントは何か特別なスキルを持った人しか活用できないと思っていたという方も多いのですが、将来的な転職を考えている方であれば誰でも利用することができます。

登録からその後のサポート、内定をもらった後も完全無料なので安心して活用できますよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる