帝国データバンク落ちた!中途採用で不採用になったら見直したいこと

帝国データバンクの中途採用の面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


挑戦だと思って受けたけれど、落ちた…

この先、内定がもらえるところがあるのか不安…

志望度がそれなりに高かった企業の面接で落とされてしまつと、一体何がいけなかったのか…と自分を責めて落ち込むこともあるかもしれませんね。

帝国データバンクの信用調査の営業職の募集は、不定期ではありますが募集されることも多く、コロナの時期で経営が悪化している企業が多いことからも求人ニーズはより高まっています。

今後も面接で落ち続けない為にも、帝国データバンクで落ちた原因を振り返って考えてみましょう。

帝国データバンクで落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

オンライン面接にスムーズな対応ができたかどうか

帝国データバンクでのオンライン・WEB面接にはスムーズに対応することはできていたでしょうか。

時間通りにアクセスして選考会に臨み、操作に不慣れでもたついたりといったことがなかったどうか今一度思い返してみてくださいね。

パソコン操作が問題なくできるかどうかということも、WEB面接では見られているところがありますよ。

また画面に映るあなた自身の顔色が暗く映っていなかったかや、あなたの後ろの背景に至るまで気を配って受けられていたかどうかも考えてみてくださいね。

顔映りが悪くて元気がなさそう、背景がビジネスシーンにふさわしくない状態だったりした場合、マイナスな評価を受けてしまうこともあるので気を付けたいところです。

通常の面接同様に服装や目線の置き方も重要ですが、オンラインにはオンラインの対策の仕方があります。

オンライン・WEB面接の対応に不慣れで落ちた可能性があるという方は、次の記事も参考にして受かるポイントを把握しておきましょう。

コロナで外出自粛傾向が続く中、多くの企業の採用と取り入れられ始めたWEB面接。 最近では、すべての選考がWEBという会社も...

過去の転職理由に突っ込まれても屈しなかったどうか

帝国データバンクの中途採用の面接では、必ずといって過去の転職時の退職理由をくまなく聞かれます。

転職回数が多いという方でも一つ一つの退職理由を聞かれることになるので、それぞれどのように答えるのか事前に用意しておくことがポイントです。

ここで、残業時間が多かった、人間関係が悪かった…といったように職場の不平不満になるようなことではなく、できるだけポジティブな退職理由になっているかがポイントです。

どのような自分の軸を持って転職先を選んでいたかどうかということを、はっきりとあなたの言葉で伝えられていたかどうか思い返してみてくださいね。

帝国データバンクでは意外と過去の転職回数が多くても、それだけで落ちるということはありません。

営業職の募集であるということをいかなる時でも忘れずに、いかにあなた自身が面接でどのように答えるかでも結果は変わってくるので、突っ込まれた質問、答えにくい質問でも切り返せるトーク力を見せつけたいですね。

帝国データバンクでは、様々な業界や業種で経験をしてきたことが、逆に企業の信用調査をするときに活かせてくることもあるということも念頭に置いておくと転職回数が多くても決してネガティブにとらえる必要はありませんよ。

過去の経験から活かせることをしっかりと自己PRできていたかどうか

過去の経験の中からあなたが帝国データバンクへ転職後にどのように活かせるのか具体的にアピールすることはできていたでしょうか。

信用調査の営業職であるということを理解して、

  • 目標から逆算して計画的に業務を遂行できる
  • 目標を立てれば粘り強く行動することができる
  • 何か気になることがあると腑に落ちるまで調べることが好きである
  • データや調査分析など数字を見ることが得意である etc

何かしら過去の経験からこのようなことを見つけて、活かせることを上手く自己PRできていたかどうか考えてみるようにしてみてくださいね。

志望動機はあなた自身の言葉で思いを持って伝えていたかどうか

志望動機は、企業に対してのあなたの思いを伝えるポイントでもあり、面接官も特に自分の会社に対してなぜ応募してくれたのか最も気になるところでもあります。

帝国データバンクという名前と知名度、安定感のある企業で働きたかったというような誰でも伝えられるようなことではなく、あなた自身が本当にやりたかったことなどとリンクさせながらも自分の言葉で答えられていたかどうか思い返してみましょう。

例えば、

これまでの仕事では、単純に同じものを売るというような仕事でこれ以上に成長を見込むことができませんでした。ですが、御社の仕事は様々な企業の経営者に対して対等に話をし、企業経営の根幹にも関わるような仕事で非常に魅力を感じました。常に自分の知識の研鑽が必要で、自分の成長も実感できる職場ではないかと思い志望いたしました。

といったように、あなたらしい言葉で思いを持って伝えられていたかどうか、他の人とは一線を画すような面接官の印象に残る言葉を選んでいたかまで考えてみてくださいね。

帝国データバンクに落ちても諦めきれない人へ

面接で不採用になってしまうと落ち込むこともあるかもしれませんが、あなたの今後の将来のためにもなるべく早く気持ちを切り替えて次を探していくようにしましょう。

帝国データバンクを落ちたことをただ単純に落ちたという経験にするのではなく、その経験から次に活かせることを学び取ればいいだけです。

ハローワークや転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用すれば帝国データバンク以上に魅力的な企業も見つかる可能性があります。

転職サイトの2倍以上の求人を抱えていて、表には出ない求人も非公開求人として扱っているので、選択肢を確実に増やすことができますよ。

登録からその後のサポート、内定をもらった後も求職側には一切費用がかかることもありませんから活用しておいて損はありません。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる